薬剤師国家試験・CBT・薬学部定期試験対策【薬学専門個別指導・少人数グループ指導塾のADME】

薬剤師国家試験・CBT・薬学部定期試験対策専門の個別指導・少人数グループ指導の「ADME」の講師として薬学部の全教科・全範囲を指導しています。 予備校の集団授業では決してできない、一人一人に対してベストな授業を提供し、どんな学生さんにも分かるよう、各教科の基礎・本質・考え方を丁寧に指導し、苦手科目を必ず克服してさしあげます。このサイトでは第102回薬剤師国家試験・CBT・定期試験対策のゴロと覚え方を紹介します。 ゴロは全てオリジナルなので予備校や他のサイトと合わせて活用して下さい。

【化学】アルキンの還元のゴロ  (出題頻度3 覚えやすさ3 まとまり5 応用性2 説明3)

リンドラー死す 「接触あるんか!?罰(×)だ!」 …あんまりだなぁ。
    リンドラーリンドラー触媒 ・死すシス体 ・接触接触還元 ・あるんかアルカン
      バーチ還元 
      ×トランス体と連想 
      あんま→液体アンモニア中 
      Li 
      なぁNa 

       ①リンドラー触媒ではcis-アルケン 
      ②接触還元ではアルカン 
      ③バーチ還元では液体NH3中Li又はNaと反応させるとtrans-アルケン 

      がそれぞれ生成する。
       アルキンの還元は使う触媒や溶媒により生成物が3パターンに分かれ、それぞれ名前がついており、これを覚える必要があります。
       ゴロは警官と容疑者のやり取りを想像して下さい。

       (@yakugaku594)