薬剤師国家試験・CBT・薬学部定期試験対策【薬学専門個別指導・少人数グループ指導塾・家庭教師のADME】

薬剤師国家試験・CBT・薬学部定期試験対策専門の家庭教師・個別指導・少人数グループ指導の「ADME」の講師として薬学部の全教科・全範囲を指導しています。 予備校の集団授業では決してできない、一人一人に対してベストな授業を提供し、どんな学生さんにも分かるよう、各教科の基礎・本質・考え方を丁寧に指導し、苦手科目を必ず克服してさしあげます。このサイトでは第102回薬剤師国家試験・CBT・定期試験対策のゴロと覚え方を紹介します。 ゴロは全てオリジナルなので予備校や他のサイトと合わせて活用して下さい。

【薬理】ピリミジン代謝拮抗薬の分類・副作用・機序・併用薬とその目的のゴロ  (使用率4 覚えやすさ3 情報量5 応用性4 説明4)

壁下にして手足で壁ドン! ドキっと手が震えてみじん切り出来ない、 まさにホーリーナイト

f:id:yakugaku594:20160509164901j:plain

 

壁下カペシタビン

手足手足症候群

ドキ ドキシフルリジン

手が テガフール

フルオロウラシル

みじん切り → ピリミジン代謝、チミジル酸合成酵素

出来ない拮抗阻害

まさホーリーナイトホリナートカルシウム、レボホリナートカルシウム との併用で抗腫瘍効果増す

 

カペシタビン

ドキシフルリジンプロドラッグ手足症候群の特徴的な副作用がある(99回国試)。

 

ドキシフルリジンテガフール

フルオロウラシルプロドラッグ (カペシタビンドキシフルリジンフルオロウラシルテガフールフルオロウラシルの順番)。

これらの薬物は全て体内でフルオロウラシルに代謝され作用を示す。

 

フルオロウラシル

体内で5-フルオロ-2'-デオキシウリジン-5'-リン酸 に変換され、チミジル酸合成酵素不可逆的阻害し作用を示す。

 

ホリナートカルシウムレボホリナートカルシウムの併用目的】

本剤とフルオロウラシルの代謝物とチミジル酸合成酵素とで 3者複合体を形成により抗腫瘍作用が増す

メトトレキサー(葉酸代謝拮抗薬)との併用は 正常細胞に葉酸を補充し毒性を軽減させる目的なので区別!

 

【適応】

胃癌、肝癌、結腸・直腸癌などの消化器系と 乳癌、子宮癌などの女性器系 があると大まかにおさえる。

 

【補足】

この範囲は特にプロドラッグについて何年も繰り返し問われているので 確実に順番を覚えてください。

(僕のゴロはプロドラッグと活性体の両方が登場する場合、 ゴロに出てくる順番は全てプロドラッグ→活性体の順にしてあります。)

 

 

【医療系薬学のゴロと覚え方 2016年版】 (←リンク先へ飛びます) では(67)【TS-1のギメラシルとオテラシルの作用】 (配合目的:薬効増強作用と毒性軽減作用の組み合わせについて)のゴロを紹介しています。

 

こちらのゴロイラストはタカユカさんが作製してくれました!

twitter.com

 

(@yakugaku594) https://twitter.com/yakugaku594