薬剤師国家試験・CBT・薬学部定期試験対策【薬学専門個別指導・少人数グループ指導塾・家庭教師のADME】

薬剤師国家試験・CBT・薬学部定期試験対策専門の家庭教師・個別指導・少人数グループ指導の「ADME」の講師として薬学部の全教科・全範囲を指導しています。 予備校の集団授業では決してできない、一人一人に対してベストな授業を提供し、どんな学生さんにも分かるよう、各教科の基礎・本質・考え方を丁寧に指導し、苦手科目を必ず克服してさしあげます。このサイトでは第102回薬剤師国家試験・CBT・定期試験対策のゴロと覚え方を紹介します。 ゴロは全てオリジナルなので予備校や他のサイトと合わせて活用して下さい。

【実務】手術前の投与中止薬の日数の順番のゴロと覚え方  (使用率3 覚えやすさ4 情報量5 応用性3 説明3)

「悪い、明日行こう」

ちくしょーグレる

 

下のものほど期間が長くなります。

悪い ワルファリン:3〜5日前

明日アスピリン:7日前

行こう → イコサペント:7〜10日前

ちくしょー → チクピジン:10〜14日前

グレる → クロピドグレル:14日前

 

これらの薬物は手術による出血リスクを回避するために手術前に投与を中止する。

ちなみに国試で引っ掛ける問題では明らかに日数が異なって出題されているので この順番と大まかな日数の目安をおさえて、

このゴロにないもの

サルポグレラート塩酸塩

リマプロストアルファデクス

ジピリダモール

ダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩

シロスタゾール

はワルファリンより短くて平気と知っておけば大丈夫。

(@yakugaku594)