薬剤師国家試験・CBT・薬学部定期試験対策【薬学専門個別指導・少人数グループ指導塾・家庭教師のADME】

薬剤師国家試験・CBT・薬学部定期試験対策専門の家庭教師・個別指導・少人数グループ指導の「ADME」の講師として薬学部の全教科・全範囲を指導しています。 予備校の集団授業では決してできない、一人一人に対してベストな授業を提供し、どんな学生さんにも分かるよう、各教科の基礎・本質・考え方を丁寧に指導し、苦手科目を必ず克服してさしあげます。このサイトでは第102回薬剤師国家試験・CBT・定期試験対策のゴロと覚え方を紹介します。 ゴロは全てオリジナルなので予備校や他のサイトと合わせて活用して下さい。

【実務】輸液における栄養素の1日量のゴロ  (使用率2 覚えやすさ3 情報量3 応用性3 説明2)

体重気になり毎日イチ・ニ、イチ・ニ、中身を絞って半分に

(ダイエットを想像して下さい)

 

体重気になり毎日体重kg当たり毎日

イチ・ニ1〜2

中身 Na+、K+、アミノ酸

 

って → 脂肪

半分に → 半分の0.5〜1

 

食事が取れない場合、輸液における下記の栄養素は1日量として

Na+、K+ → 1〜2mEq/kg

アミノ酸 → 1〜2g/kg

脂肪 → 0.5〜1g/kg

に設定する。

 

(@yakugaku594) https://twitter.com/yakugaku594